北欧紀行その3

2017年08月09日
ブログ

デザイナーアアルトの家具を見た後は、いよいよ彼のアトリエ兼自宅の見学。

驚くことにこの建物は80年前の設計だそうです。

一見、現代のシンプルモダンデザインとでも言いましょうか?

洗練されていますね。

道路は北側にあたるため、窓はほとんどありません。

しかし、貴重な太陽光をふんだんに取り入れるため、南面は吹き抜けと大きな開口部によって構成されています。

まさにパッシブな考えかたです。

吹き抜けで明るいアトリエ

アアルトの机。
眺めがよく陽当たりもいいです

以下自宅の部分です。

北側の閉じられた空間とうってかわって、南は自然あふれる庭に面して大きな窓とバルコニーが配置されています。

どうですか?これが80年前からある住宅とは。。。

良いものは未来へ受け継がれて行く・・・私が考えることとシンクロした瞬間でした。