「わんことの生活を楽しむ家」のご家族に、お話を伺いました

2020年08月30日
ブログ

「一緒に暮らす4匹のわんこは、大切な家族の一員。」

わんこも人間も窮屈な思いをしないようにと、広々としたリビングを設計した「わんことの生活を楽しむ家」。ほかにも、わんこたち専用のお部屋や大きなウッドデッキなど、暮らしやすさを考え、工夫を詰め込みました。

以前、施工実例で紹介した「わんことの生活を楽しむ家」のご家族に、我が家の住み心地を伺ってきました。

わんことの生活を楽しむ家

家全体の間取りや、詳細なこだわりポイントは、こちらの記事をご覧ください。

家づくりを決めたきっかけは?

元々はペット可のマンションで暮らしていたというご家族。しばらくはマンションで暮らし、最終的にはご主人の実家に移る予定だったというご家族は、どうして一軒家を建てることにしたのでしょうか?

「わんこが4匹もいると、さすがにマンションは狭くって…」

小型犬とはいえ、わんこが4匹もいると、マンションはさすがに手狭だったといいます。今はまだ良くても、子供ができたらもっと窮屈になりそうだと考えたのも、家づくりを決めた理由のひとつだそうです。

「それに、人目が気になっちゃって。」

以前暮らしていたマンションは、今でこそペット可になったものの、途中まではペット不可だったとのこと。元から暮らしている住人の方々の中には、わんこに対して好意的でない方もいて、人目が気になったといいます。

二人三脚で家づくりを進められました

「シエナさんを選んだのは、デザインが気に入ったから。」

奥様から、とっても嬉しい言葉をいただけました。

家づくりを考えるようになって、色んな工務店を見たけれど、私たちの家のデザインが一番気に入ってくれたそうです。

シンプルなデザインが好きで、家の中がごちゃごちゃするのは嫌だという奥様。私たちの建てる家のインテリアだけでなく、空間を有効活用した収納スペースも良かったと言ってくれました。

「それに、お話もわかりやすくって。」

家づくりに関する説明はもちろん、打ち合わせのときも、私たちはわかりやすい言葉を使って話すことを大切にしています。

「わんことの生活を楽しむ家」の設計では、私たちがつくった設計書を大枠にして、ご家族と話し合いながらデザイン変更、微調整を加えていきました。

わんこと一緒に伸び伸び暮らしてます!

「わんことの生活を楽しむ家」には、わんこも人間も伸び伸びと暮らせる広いリビングに、わんこたち専用のお部屋と、大きなウッドデッキが隣接しています。

わんこたちはお散歩から帰ってくると、大きなウッドデッキで足を洗ってから家に入ります。洗った足に砂が付くことを気にせず、そのまま家に入れると好評です。

以前は奥様やご主人と一緒に眠っていたというわんこたちは、今はわんこ専用のお部屋で眠ります。

わんこは、天井が低い空間の方が落ち着くそう。わんこたちにとっての快適さを追求した部屋で、4匹一緒に、毎晩仲良く眠っているみたい。

「急にわんこだけで眠るようになって、寂しがらないか心配だったんですけど、大丈夫でしたね。」

どうやら、わんこも人間も安心して暮らせる家に仕上がったようです。私たちも、ほっと一安心です。

私たちの建てたほかのお宅は、施工実例のページにまとめています。こだわりのお宅を建てたい方、しっくり来る家がなかなかな見付からない方は、ぜひ参考にしてみてください。

シエナホームデザイン-施工実例

CONTACT

資料請求・見学予約受付中

  • @LINE
  • 社長BLOG
  • Face Book