ドイツの旅2

2019年12月31日
ブログ

ドイツにもハウスメーカーがありました。

 

住宅総合展示場があると聞いて行ってみました。

 

なるほど雰囲気は日本のそれと同じような感じでしたが、まず違うところは入場料がかかるところ。

家のデザインも日本の家と似たような感じでした。

 

ただ気になるところは断熱や、暖房。

 

ドイツの緯度は樺太あたりと同じなので寒いです。

 

そんな環境なので家の造りは興味深々。

 

窓は当然樹脂窓で、驚いたことに高級な家ほど(たぶん)ガラスをたくさん使っているところ。

 

壁はいくらでも付加断熱で性能を上げられますが、ガラスは別。見たところトリプルガラスらしいですが、それにしてもこれだけ大きいと熱も逃げるでしょうね。

 

とおもいきや、意外にも室内は暖かく快適でした。

水まわりも日本とは少し違います。

 

ユーティリティは半端なく大きい。

 

浴室、トイレ、ランドリー、シャワー、サウナなど一部屋にまとまっているケースが多く少し驚き。

 

奥さんが洗濯している脇でトイレするのでしょうかね?(笑)

お国柄の違いを垣間見た経験でした。

 

モデルハウスの中には壁の断面模型がありました。

 

やはり内断熱+外付加断熱のようです。

 

暖房は、温水パネルヒーターをよく見かけました。

 

熱源はガス?石油?不明でしたが、いづれもエアコンより消費エネルギーが大きいのは明確です。

 

寒すぎてエアコンには向かないのか、かもしれません。

 

 

CONTACT

資料請求・見学予約受付中

  • @LINE
  • 社長BLOG
  • Face Book