省エネで快適な暮らしを実現する、ストレスフリーな家づくりとは?

2020年12月20日
ブログ

シエナホームデザイン・家づくりのテーマは「ストレスフリー」です。暑さ寒さや空気の乾燥・汚れによるストレスがない暮らしを、省エネで実現することが、私たちのモットーです。

今回は、私たちの考える「ストレスフリーな暮らし」とは、どんな暮らしなのかをお伝えします。

ストレスフリーな暮らしのために、高性能住宅にこだわる


シエナホームデザインの建てる家は、県内有数の高性能住宅であると、自負しています。

では、高性能住宅とは、どのような家を指すのでしょうか。
私たちは、「ストレスフリー」をテーマにして、家の性能にこだわっています。

毎日の暮らしには、さまざまなストレスが隠れています。
「ストレスなんて感じていないよ」と思っていても、その状況に慣れ、気付いていないだけかもしれません。

まずは「家の中で発生するストレス」にはどんなものがあるのか、お伝えしましょう。

  • 暑さ寒さのストレス
  • 乾燥や湿気によるストレス
  • 空気の汚さによるストレス
  • お金のストレス

特に、雪国・新潟では「寒さのストレス」は大きいです。
家の中が寒いと、気付かないうちに、心身にストレスがかかります。部屋と廊下の寒暖差は、脳梗塞や心筋梗塞に繋がりかねない「ヒートショック」の原因にもなります。

快適さも、省エネも、決して諦めない


とはいえ、「真冬でも暖かな我が家」を保とうとすれば、暖房費がかさみます。これは、お金のストレスです。
暖房の使い方を間違えれば、空気が乾燥しすぎたり汚くなったりと、空気のストレスがうまれかねません。

「暑さ寒さのストレス」をなくすためには、代償として、ほかのストレスが発生してしまうものなのでしょうか。

もちろん、そんなことはありません。
すべてのストレスから解放される「ストレスフリーの家」をつくるために、私たちはさまざまな工夫を凝らしています。

特にこだわっているのが、「気密性」と「断熱性」です。
涼しい空気、暖かい空気を逃がさないためには、気密性と断熱性をセットで高めなければなりません。
同時に、涼しさ・暖かさはそのままに、空気を入れ替えきれいに保つ工夫も必要です。それに、室内に乾燥や結露があっては、健康的な暮らしは難しいでしょう。

一軒一軒、丁寧に建てるからできる、ストレスフリーな家づくり


私たちは、これらのストレスを解消するための工夫を組み合わせ、快適さと省エネを両立することに成功しました。

快適さと省エネは、一見両立するのが難しそうです。
しかし、丁寧な施工により気密性と断熱性を高めることで、エアコン1台で家中を快適な環境に保てます。

次回からは、「ストレスフリーな暮らし」を実現するために、私たちがどんな工夫をしているのか、一つひとつお伝えしていきます。
快適で健康的な暮らしを送るためのヒントもたくさん紹介するので、ぜひ参考にしてください。

気密性は高性能住宅の土台!丁寧な施工で、省エネで快適な暮らしを

CONTACT

資料請求・見学予約受付中

  • @LINE
  • 社長BLOG
  • Face Book