モダン和風の家

施工実例メイン画像

実家のある敷地内に、新しく建てたお宅です。新築のお宅に隠れてしまっていますが、後ろには実家があります。

新しいお宅を建てる際、実家へと繋がるライフラインの付け替えが必要でしたが、新しく土地を購入して家を建てるよりも、経済的なメリットがありました。車3台分の駐車スペースがあるので、両親の車も余裕を持って停められます。

親世帯、子世帯が隣り合って暮らせることは、お互いの安心にも繋がります。経済的、精神的なメリットを考えての家づくりでした。

ギャラリー

玄関

ギャラリー0

玄関は一見手狭に見えますが、奥には広いエントランスクロークがあります。

玄関ホールと収納部分をわけることで、片付けの行き届いた、整然とした空間を維持できます。

ギャラリー1

玄関奥のエントランスクロークは、さらに浴室へと繋がっています。

運動や部活などを終えて家に帰ってきたら、靴と運動用具を片付けて、そのままシャワーを浴びることもできます。

ギャラリー2

大容量のエントランスクロークです。

玄関側から隠れるように、収納棚を配置したので、いつも整然とした印象を保てます。

LDK

ギャラリー3

玄関ホールとLDKの間には廊下を設けず、引き戸で空間を仕切ったり、繋げたりできるようにしました。

引き戸には大きな擦りガラスを付けて、戸が閉まっていても開放感を感じられるように設計。広々とした印象のLDKに仕上げました。

ギャラリー4

玄関ホール側から、LDKを撮影しました。

白を基調とした内装と、採光のために横長に設計した窓。窓のそばには、間接照明を設置しました。

日中は燦々と差し込む陽の光が、夜は間接照明の柔らかな光が、くつろぎの空間を演出します。

ギャラリー5

リビングスペースには、大きな障子戸を設置。

障子戸を開くと…

ギャラリー6

日光とともに、庭の緑が目に飛び込んできます。

夏の夜に、窓際で晩酌なんかをするのも、風流ですね。

「モダン和風の家」では、大きな窓から、庭の緑を楽しめます。
シエナホームデザインは、ほかにも、お風呂から庭を眺められる家を建てたこともあります。

暮らしの中に自然の風景を取り入れたい方、庭のある暮らしを楽しみたい方は、下記の記事もお読みください!

人目を気にせずバーベキューできる家

ギャラリー7

伸び伸びと家事ができるように、キッチンスペースは広めに確保。

広い作業スペースと大容量の収納を備えたキッチン台は、料理や洗い物の最中にはねた汚れを簡単に拭き取れるように、フラットな作りにしました。

ギャラリー8

大容量のキッチン収納は、クリナップ製。

細かい食器も整理整頓しやすいように、引き出しを備えています。

奥に見えるオープン棚に、お気に入りの食器やグラス・調味料を仕舞えば、そのままインテリアになります。

ギャラリー9

キッチン奥には、勝手口と大きめのパントリーを設けました。

ストック用の食材や、災害用の備蓄食糧を、余裕を持って収納できます。

勝手口を開けると、実家の玄関に直通しています。

洋室

ギャラリー10

大容量のクローゼットを備えた洋室は、LDKと同じく、白を基調にデザインしました。

日中は白い壁や天井が陽の光を受け、清潔感を演出。白を基調とした中に、床や扉のブラウンが映える、シックなインテリアです。

ギャラリー11

将来は、部屋を2つに仕切って使うこともできるようにと、洋室は縦長に設計しました。

部屋を2つに仕切っても、十分な採光を確保できるようにと、窓は多めに設置。寝室として使えば、窓から差し込む朝日で、気持ちの良い目覚めが迎えられるでしょう。

さらに、洋室奥には大容量のファミリークロークがあります。

便利スペース

洋室奥にファミリークロークを設けたり、2階に大きな物干しスペースを設けたり、「モダン和風の家」は暮らしやすさにこだわって設計しました。

ギャラリー13

洋室奥のファミリークロークです。

シエナホームデザインでは、洋室や寝室にクロークを設けることが多いです。今回は、家族それぞれの荷物をひとまとめにできるようにと、特に大きなファミリークロークを設けました。

ギャラリー14

ファミリークロークは、家族の衣類をそれぞれわけて収納できるように、ハンガー掛けや仕切りの配置にこだわりました。

1つのファミリークロークに家族全員の衣類を収納できるため、洗濯物を片付けるときに、家族それぞれの部屋を行き来する必要はありません。

一度の移動で、家族の衣類を整理しながら片付けられるのです。

ギャラリー15

窓から明るい日光が差し込む2階ホール。

階段そばを左に曲がると…

ギャラリー16

広々とした物干しスペースが現れます。

物干しスペースには窓を多めに設けたので、日光が燦々と降り注ぎ、窓を開ければ気持ちの良い風が吹き込みます。

部屋干しでもなるべく早く洗濯物が乾くようにと、工夫をこめた物干しスペースです。

家事がしやすいようにと、物干しスペース奥には、大きめの作業台を設けました。

シエナホームデザインでは、家事動線にこだわった、暮らしやすい家を建てることを大切にしています。

シエナ流の暮らしやすい家づくり、家事の負担が少ない家づくりに興味のある方は、下記の記事もお読みください!

キッチンの設計にこだわり、使いやすくて快適な空間を

浴室/トイレ

浴室やトイレのインテリアは、清潔感や涼しげな印象にこだわってデザインしました。

ギャラリー18

洗面室のインテリアには、白をふんだんに使用。よく光の入る明るい空間です。

洗面台は収納多めのものを採用し、タオルや歯ブラシ、シャンプーなどのストックをわけて収納できるようにしました。

ギャラリー19

目の細かいタイル床と、パステルブルーのパネルが印象的な浴室です。

涼やかな雰囲気の中で、一日の疲れをのんびり洗い流せます。

ギャラリー20

挿し色のブルーが目を引くトイレ。

白を基調とした中に映える、濃い目のブルーが、清潔感を演出します。

CONTACT

資料請求・見学予約受付中

  • @LINE
  • 社長BLOG
  • Face Book