ランドスケープをデザインした家

施工実例メイン画像

ランドスケープとは、簡単にいえば風景・景観のこと。

敷地内は約5mの高低差があり、斜面もあります。南に広がる斜面と、斜面の中に広がる自然の風景を、デザインとして活用したお宅です。

ギャラリー

外観

ギャラリー0

正面から見ると、家の建つ敷地が斜面になっていることが、よくわかります。

「ランドスケープをデザインした家」では、家の前面部分に土を残し、前庭として活用できるようにしました。

ちょっとした草木を植えてガーデニングをしたり、背の高い樹木を植えてシンボルツリーにしたり、楽しみ方はさまざまです。



ちなみに、シンボルツリーとは家の外溝部分に背の高い木を植えて、名前の通り我が家のシンボルにすることです。
シンボルツリーや植物のある暮らしに興味のある方は、下記の記事もぜひお読みください!

植栽とシンボルツリーで、我が家に彩りを

ギャラリー1

家の背面は、自然のままの斜面になっています。

斜面の様子を窓から眺めて楽しんだり、草木を利用して木陰をつくったり、家の周りにある自然の恵みを、そのまま家づくりに取り入れました。

ギャラリー2

家の背面に見えていた、大きなウッドデッキです。

夏にはケヤキが葉を茂らせ、ちょうどいい日陰をつくってくれます。

玄関

ギャラリー3

玄関扉にはアンティークな雰囲気の、くすんだ緑色の扉を採用。

周りの風景とマッチする、お洒落な玄関です。

ギャラリー4

玄関ホールには、大容量のエントランスクロークを併設。

靴からアウトドア用品まで、さまざまなものを収納できます。

ギャラリー5

エントランスクロークには、姿見鏡と傘掛け用のパイプを設置しました。

身支度をきちんと確認してから、出かけられます。

ギャラリー6

内側から見ても、アンティーク調の玄関扉がお洒落です。

玄関ホールにある階段は引き戸付き。

ギャラリー7

引き戸を閉めれば、夏は冷房で冷やした空気が、冬は暖房で暖めた空気が逃げていきません。

空調効率を考えた、ひと工夫です。

LDK

ギャラリー8

大きな窓とウッドデッキ、さらには畳スペースまで。LDKは贅沢に仕上げました。

暖かい季節に窓を開ければ、気持ちの良いそよ風が吹き込みます。

夏になれば、家の裏手で緑が育っていく様子を、大きな窓から眺められるでしょう。

ギャラリー9

リビングスペースには、大容量のクローゼットと、PCスペース・勉強スペースとして使える机を備え付けました。

いつでも整理整頓が行き届き、家族が自然と集まるようにと、細部までこだわって設計しています。

ギャラリー10

4.5帖の広さの畳スペースには、神棚もきちんと設けました。

ちょっと疲れたときは、畳の肌触りを感じながらのんびりできます。

ギャラリー11

キッチンスペースも広々。奥に見えるのは洗面脱衣室です。

ちなみに、壁の漆喰は、お客様自ら塗っていただきました。

ギャラリー12

大きなシンクとフラットな天板の、使いやすいキッチンです。

キッチン台の天板をフラットにすることで、水はねや汚れをサッと拭き取れます。

浴室/物干しスペース

ギャラリー13

LDK奥に見えていた、洗面脱衣室です。

シックな印象のオリジナル洗面台と、柔らかな光の間接照明が、何ともお洒落な空間です。

広い洗面脱衣室は、室内干し用の物干しスペースも兼ねています。雨が続いても、余裕を持って物干しできます。

ギャラリー14

ちなみに、洗面脱室からもウッドデッキに出られます。

晴れた日に、広々としたウッドデッキで物干しすれば、洗濯物もあっという間に乾きます。

ギャラリー15

2階ホールでも、室内干しができます。

梅雨や冬のようなジメジメした時期は、洗濯物がなかなか乾かず、物干しスペースが足りなくなるもの。室内干しのスペースを多めに確保すれば、洗濯物が乾かない時期も安心です。

ギャラリー16

ダークブラウンのパネルがお洒落な浴室です。

足を伸ばしてゆっくりくつろげるようにと、大きめの浴室を採用しました。

トイレ

ギャラリー17

トイレもほかの部屋と同じく、シックな印象に。

「ランドスケープをデザインした家」は家全体の統一感を大切にして、インテリアを決めました。

洋室

ギャラリー18

2階洋室は寝室用として、シンプルな間取りに仕上げました。

寝室の奥へと進んでいくと…

ギャラリー19

大きなウォークインクローゼットが現れました。

収納力抜群のウォークインクローゼットを併設することで、いつでも整理整頓の行き届いた、リラックスできる寝室を保てます。

CONTACT

資料請求・見学予約受付中

  • @LINE
  • 社長BLOG
  • Face Book