機能美を追求した家

施工実例メイン画像

敷地面積は30坪弱。

限られた敷地を、100%使い切り、家づくりをしました。

無駄を限界までそぎ落とし、使いやすさ、高い居住性を追求して建てたお宅です。

地価の高い都市での提案住宅ともいえます。

ギャラリー

外観

ギャラリー0

限られた敷地を100%使い切り、広々とした住環境を実現するために、3階建ての設計にしました。

1階部分には、車2台を収容できるインナーガレージを設置。
雨や雪など、天候に関わらず家に入れるのが良いですね。

1階

2~3階よりも、スペースの限られている1階部分には、玄関と一緒に寝室やウォークインクローゼットを配置しました。

空間を有効活用するために、部屋の配置にもこだわり、家づくりを進めました。

ギャラリー2

玄関奥には、大きめのシューズクロークを併設。

棚は可動式なので、背の高い長靴やブーツなども、靴のサイズに合わせて仕舞えます。

ギャラリー3

白とベージュが明るい印象の玄関ホール。

2階へ続く階段を上っていくと、広々としたLDKが現れます。

でも、LDKを見る前に、まずは1階にある寝室やウォークインクローゼットを見てみましょう。

ギャラリー4

1階寝室では、窓から差し込む朝日で、気持ちの良い目覚めを迎えられます。

寝室奥には、便利なウォークインクローゼットを併設。開口部を大きく取ったので、布団や毛布も楽々出し入れできます。

ギャラリー5

シンプルでありながら、仕切りや棚板を設けて、使いやすいウォークインクローゼットに仕上げました。

中央の仕切りを境に、夫婦で収納場所をわけるのも良いですね。

ギャラリー6

全てのスペースを有効活用した「機能美を追及した家」。

シンプルなホビールームを設けたので、休日はひとり静かに趣味を楽しむこともできますよ。

LDK

ギャラリー7

白を基調として、自然なベージュの床板がやさしい印象の、広々としたLDKです。

LDKは、暮らしの基盤となる、大切な場所です。
スペースをゆったりと取ることで、家族みんなくつろげる、団欒スペースになりました。

ギャラリー8

キッチン側からリビングスペースを撮影しました。

ご覧の通り、リビングスペースには大きな窓と吹き抜けを設けています。
吹き抜けを設け、天井を高くすることで、開放感を演出。さらに、吹き抜け上部に採光用の窓を設置することで、部屋の奥まで陽の光が行き渡るようにしています。

ギャラリー9

対面型のシステムキッチンには、清潔感溢れる、光沢ある白を採用。

キッチン台の天板はフラットなので、水はねや汚れもサっと拭き取れます。

ギャラリー10

キッチンスペースには、大容量の収納を設けました。

棚板は可動式なので、スペースが無駄になることはありません。

子供部屋

ギャラリー11

LDKと隣接した個室は、子供部屋としても使えるように設計しました。

子供たちが大きくなったとき、「自分だけの部屋が欲しい!」となることも想定し、出入り口は2つ設置。

中央で部屋を仕切れば、2部屋として使えます。

ベランダ

ギャラリー12

子供部屋と同じく、LDK隣接のベランダです。

物干しがしやすいようにと、限られた空間の中で配置を工夫し、スペースを広めに取っています。

浴室/トイレ

ギャラリー13

浴室と脱衣場には、大きめの窓を設置。光溢れる、明るい空間として演出しました。

脱衣室はスペースを広めに取って、室内干しもできるように設計。洗濯機を置いても余裕の残る空間で、伸び伸びと家事ができます。

ギャラリー14

窓から日光が燦々と振る、明るい浴室です。

壁は汚れに強いホーロー製なので、お風呂掃除も楽々です。

ギャラリー15

トイレには、収納棚を多めに設けました。

トイレットペーパーから掃除用洗剤まで、トイレで使うあらゆるものを週のできます。

オープン棚の部分には、よく使うものを仕舞うも良し、ちょっとしたインテリアを飾るも良しです。

小屋裏収納

ギャラリー16

小屋裏部分には、大容量の収納部屋を配置。

季節外れの衣類や寝具、あまり使わないものは、小屋裏の収納部屋にまとめて仕舞っておけます。

CONTACT

資料請求・見学予約受付中

  • @LINE
  • 社長BLOG
  • Face Book