モデルハウス

宿泊体験で分かる、「天井のないバスルーム」がもたらす快適。

そこは天井でつながる一体空間。健やかで心地よい毎日を支える、たくさんの工夫やこだわりに満ちています。その魅力が伝わるシーンをいくつか切り取ってみました。どうぞご覧ください。

天井でひと続きになるLDKとバスルーム

最初に感じるのはきっと、思わず仰ぎ見てしまうような開放感。屋根の形状をそのままデザインに取り込んだ2階リビングには、高窓からの光が優しく降り注いでいます。
よく見ると、すべての空間が天井でひと続きになっているのが分かるでしょう。キッチンで料理をするときも、ソファでくつろぐときも、どこかに家族の気配を感じる安心感。それを叶えるオープンな造りなのですが、このモデルハウスの仕掛けはそれだけではありません。なんとその一体空間にバスルームも含まれているのです。
天井のないバスルーム。のんびりとお湯に浸かって見上げれば、高窓から星空を望む楽しみも。そして入浴のときに立ち上る湯気は、ひと続きの空間に程よい潤いをもたらします。一年を通じて穏やかな湿度を保つのは、家族の健やかな毎日を支える大切なカギ。その斬新なアイデアこそ、今回のモデルハウスのハイライトです。

優れた換気システムでクリーンな毎日を

冬でもスリッパいらず。足に伝わるほんのりとした温もりは、高い断熱性と気密性によるものです。床から天井まで気温差がほとんどなく、どの空間にいても快適。夜に洗濯しても翌朝にはカラリと乾くので、家事もぐっと効率的になるでしょう。
また、換気システムにもひと工夫。汚れた空気やホコリなどは下に溜まりやすいため、排気口はすべて床に設置しました。赤ちゃんがいるご家族も、安心して元気なハイハイを見守ることができますよ。また匂いもすぐに取り去ることができるので、焼肉を楽しんだ直後でも空気はクリーン。これまで感じていた小さなストレスは、一気に吹き飛んでしまいそうです。一方、取り込んだ外気は地中熱を利用して温められ、それぞれの空間へ。自然の力を利用した無駄のないシステムが、毎日の心地よさを支えます。

シンプルで飽きのこないデザイン

白を基調とした清潔感あふれるデザイン。一部のクロスに色みを挿すなどして遊び心を添え、空間に奥行きとリズムを与えています。リビングは、屋根の形状を利用した開放的でダイナミックなデザインに。実はこの天井に沿って風の抜けるルートをつくり、真夏の熱気を高窓から逃がすよう工夫しています。シンプルで飽きのこないデザインを基本とした機能美こそ、私たちのこだわりです。

大空間の湿度調節にも一役買う「天井のないバスルーム」は、このモデルハウスの象徴的な空間。昼は青空、夜は星空を天窓から望みます

天井が高く開放的なリビングダイニング。白と木目の美しさが際立つ、清潔感あふれるデザインに仕上げました

システムキッチンも白で統一。クッキングヒーターの周りにはホーローパネルをあしらい、掃除のしやすさにも配慮しました。キッチンの排気口はダストボックスの下に設置してあるため、夏でも匂いが気になりません

サニタリールームにエアコンを設置。天井でつながっているため、この1台だけでフロア全体が暖まります

外壁白とシルバーのサイディング。災害による倒壊を防ぐため、軽い素材を採用しました

高い断熱性と省エネルギー性

新石山モデルハウスは、ZEH仕様の住宅のなかでも特に高い断熱性を備えています。床暖房が不要で、省エネルギーながらも快適な温度を一年中維持することができます。UA値(外皮平均熱貫流率)0.29は、北海道の高性能住宅と同じ水準です。

サーモグラフィーによる比較

標準的なZEH仕様の住宅
UA値(外皮平均熱貫流率)0.50

このレベルであっても床と天井付近の温度差がある。

シエナの超ZEHモデルハウス
UA値(外皮平均熱貫流率)0.29

断熱効率が良く、天井から足元までまんべんなく暖かい。

モデルハウスの測定値

UA値(外皮平均熱貫流率)
0.29W・K/m2
C値(相当隙間面積)
0.33cm2/m2

新潟に北海道の基準の家は必要?

住宅の高性能化には、外皮性能と気密性能の両方が優れていることが不可欠です。どちらか片方の数値が悪いと本来の性能は発揮できません。特に気密性能は、施工の良し悪しで結果が大きく変わります。職人をはじめ、現場にたずさわるすべての人の意識が一つになってはじめて成し得ることなのです。
シエナの超ZEHモデルハウスは、高い外皮性能と気密性能の両方を実現しています。外皮性能を示すUa値は、I地域(北海道旭川など)の基準並みで、外皮性能のグレードは「HEAT20 G2」です。気密性能を示すC値(相当隙間面積)は、温度差や外部風速の影響を受けない数値とされる0.36cm2/m2(実質漏気ゼロ)以下となっています。
新潟で北海道の基準の家が必要でしょうか?
答えはYESです。
なぜなら、スペックが高ければ高いほど、省エネや生涯かかる費用の大幅削減につながることに加え、その居住性の高さから健康寿命も延びることになるのですから。

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)について

このモデルハウスには「百年の家project」に参加する私たちのこだわりが詰まっています。住まう人が100歳まで生きられる健康配慮の設計と、100年長持ちする堅牢な家づくり。それらを実現するためのノウハウを随所に生かし、一年を通じて快適な住まいを形にしました。まずは宿泊体験で、その魅力を体感してください。
株式会社シエナホームデザイン
代表取締役 藤崎秋司

モデルハウスのご案内