ネット銀行は家づくりにもおすすめ?注文住宅におすすめの銀行とは?

2021年01月29日
ブログ

シエナホームデザインでは、家づくりや土地選びのことだけでなく、住宅ローンの相談にも乗っています。家づくりは、多くの方にとってはじめてのこと。そして、大きなお金のかかることです。お金に関する不安は山ほどあるでしょう。

今回は、最近人気の”ネット銀行”は家づくりにおすすめできるのか、実際のエピソードを交えてお伝えします。

注文住宅に、ネット銀行はおすすめできない


最近、家づくりにも、ネット銀行を利用したいという方が増えています。

金利も安いし、手軽そうなイメージがありますが…

実は、そうでもありません。

マンションや建売住宅を買うのなら、ネット銀行もいいでしょう。たしかに金利が安く、申し込みも手軽で、使いやすいです。

しかし、土地を買って、そこに注文住宅を建てる場合は、おすすめできません。

ネット銀行は審査に時間がかかる


では、マンションや建売住宅ならネット銀行で構わないのに、注文住宅におすすめできないのはなぜでしょう。

理由は、審査が遅いこと。申し込みから借入れまで、とにかく時間がかかります。

私たちは、金融の人間ではありません。しかし、たくさんのご家族と一緒に家づくりを進めるうえで、さまざまな金融機関の住宅ローンに触れてきました。その経験から、「ネット銀行は注文住宅のローンには向かない」ということだけはわかります。

ネット銀行は、インターネット上で手続きが完結します。だからなのか、書類に関する要望、追加が多いです。対面せず、全て書類で判断せざるを得ないから、ネット銀行側も仕方がないのでしょう。

しかし、私たちシロウトには、専門用語はわかりません。「この書類を用意してください」と言われても、それが何の書類で、どこで手に入るのかわからないことは多々あります。

注文住宅とネット銀行は”相性”が悪い


例えば土地は、代金を払えばすぐに自分の所有物となります。極端な話、土地さえ買ってしまえばすぐに着工できるのです。

しかし、ネット銀行は建物の着手金の確認申請がおりてから、やっと本審査に入ります。

普通は、確認申請がおりれば、すぐに着工します。そして工務店との契約では、着工時に3分の1の着手金を払うという取り決めがされることが多いです。

審査に時間のかかるネット銀行では、着工から1ヵ月後くらいに、ようやく着手金が支払えるような状態になります。着工時までに審査が間に合わず、ローンの実行まで着工を待たなければないのです。

家づくりには、地方銀行がおすすめ!


シエナホームデザインでは、以前、銀行員の方の家づくりをお手伝いしたことがあります。その方は、自分の銀行を使わず、ネット銀行を利用してみました。

しかし、いざやってみた後で「ネット銀行はやめておけばよかった」と言っていました。

実際、どの銀行が良いかなんて、使ってみてはじめてわかることです。しかし、銀行員の方が「注文住宅にネット銀行は向かない」というのに、あえてネット銀行を使う理由もないでしょう。

私たちと、銀行員の彼とで出した結論は、「注文住宅には、対面で対応してもらえる地方銀行がおすすめ」というものです。審査もやり取りもスムーズで、ストレスがありません。

自分で書類を用意したり、手続きについて調べたりするのは大変ですよ。

シエナのブログでは、住宅ローンに向けた”3つのポイント”のアドバイスもしています。
住宅ローンに向けたアドバイスと、気をつけたい3つのポイント

より詳しいことについて知りたい方には、こちらも参考になります。住宅ローンで重要となる、”返済負担率”について、わかりやすく解説します。
【返済負担率とは?】住宅ローンの金額について、詳しく解説します

CONTACT

資料請求・見学予約受付中

  • @LINE
  • 社長BLOG
  • Face Book