外壁塗り替え

2017年10月07日
ブログ

かれこれ10年以上経過すると、常に風雨にさらされている外壁も

ダメージを受けてきます。

気候など立地条件はそれぞれ違いますが、いずれにしても早めの

対処がのちの長持ちにつながりますので、あまり劣化がすすんで

いない段階で塗り替えした方が良いです。

 

施工前外観

施工前外観

 

外装の塗装はなかなか素人にはわかりにくいです。

使う塗料や下地処理のしかたによって対応年数に差が出ます。

販売されている中古住宅の外装が、買った当初はきれいに塗られて

いたのが3年くらいではがれてきたり、色あせてきたりするのを見た

ことがありますが、これはきちんと下処理をせず安い塗料で塗ったから。。。

これではまたすぐに塗り替えしなければなりません。

 

今回ご依頼のあったこちらの白い外壁のお宅は、以前当社で建築した

お宅です。

ご主人様から劣化が進まないうちに早めにリフォームしたいとのご意向

で塗り替えすることになりました。

イメージが変わらないようにと、同じ色での塗装です。

丁寧に下処理して、塗装を何層にも重ねていきます。

 

固くなってひび割れが見受けられた目地は打ち直し

同じ色でも既存部分と新しく塗った部分では全然色が違います。毎日見ていると劣化していくのを感じにくいものです。

作業が終わって、あらためて新築時の真っ白がよみがえり

ました(^^)

 

施工後外観

施工後外観

 

新潟市で新築、一戸建てを考えの方は、シエナホームデザインへ

 

 

 

CONTACT

資料請求・見学予約受付中

  • @LINE
  • 社長BLOG
  • Face Book