床板におすすめの木材2選

2020年05月11日
ブログ

シエナホームデザインでは、木の風合いを活かした床板を、家づくりに取り入れることをおすすめしています。種類による違いだけでなく、一本いっぽんに個性があり、異なる表情を見せるのが、木の床の魅力です。自然な風合いが魅力のナラと、高級感溢れるウォールナットの床板を、ご紹介していきます。

耐久性と耐水性に優れ、自然な風合いのナラ

ナラは、明るい色合いとハッキリとした木目が特徴の木材です。耐水性・耐久性に優れており、無垢材の床板としておすすめしています。

耐水性の優れたナラは、古くからワインやウイスキーの樽として使われてきました。「無垢材は、汚れがすぐに染み付きそうで心配」という方も、安心して使えるでしょう。また、節の多さや木目の入り方など、一本いっぽんの違いがハッキリと表れるのも、ナラの特徴です。木目が粗く節の多いものを選べば、ナチュラルな雰囲気を楽しめますし、家具やインテリアを引き立たせたいのであれば、節が少なくシンプルな見た目のものを選ぶといいでしょう。

我が家に自然な風合いを取り入れたい方は、シエナホームデザインのモデルハウスに一度お越しください。床板にナラの無垢材を使用したモデルハウスがありますので、暖かみのある見た目と優しい肌触りを、ぜひ体感してください。

艶やかで高級感のあるウォールナット

ウォールナットは、滑らかな質感と落ち着いたこげ茶色が美しい、高級感の溢れる木材です。高級家具や楽器の材料として使われることも多く、チーク・マホガニーとならび、世界三大名木として多くの人から愛されています。

ウォールナットは節が少なく、細かく詰まった美しい木目をしています。また、適度な油分と多くのタンニンを含んでいるのも、ウォールナットの特徴です。特別な加工を施さなくとも、木材自体に含まれる油分により、木肌には滑らかなツヤが生まれます。タンニンは日光を浴び続けることで少しずつ酸化し、ウォールナットの色合いを少しずつ明るいものに変えていきます。

木材そのものの持つ高級感と、経年変化により味わい深くなっていく過程を楽しめるのが、ウォールナットの魅力です。シックな色合いの床板が、部屋全体を落ち着いた雰囲気にしてくれるでしょう。

床板は、モデルハウスやサンプルを見ながら選ぼう

床板は、家全体の雰囲気に大きく影響します。見た目はもちろん、肌触りも大切にして、床板にどんな木を使うのか選びましょう。

自然な風合いを取り入れたい方にはナラを、落ち着いた雰囲気を取り入れたい方にはウォールナットを、それぞれおすすめしています。家具やほかの内装との合わせ方も重要です。まずは、どんな雰囲気の家を建てたいのかを、担当者にご相談ください。

モデルハウスや床板のサンプルも見ながら、家族と一緒に歴史を刻んでいく我が家の床板を、一緒に選びましょう。

CONTACT

資料請求・見学予約受付中

  • @LINE
  • 社長BLOG
  • Face Book