柿渋色の家

施工実例メイン画像

内装は白とダークカラーを基調に、落ち着いた雰囲気に統一した家です。

黒基調の外装には、和風の緑をあしらいアクセントとしました。

共働きのご夫婦の家事の負担を軽減するために、家事動線を考慮した間取りを設計。

階段の上り下りもしやすいようにと、段数を増やし緩やかにしています。

ギャラリー

玄関/階段

黒基調の外装とは異なり、内装の壁は白を基調とし、扉や棚、床などのダークカラーが引き立つようにデザインしました。

木目のハッキリした玄関扉と、真っ白な壁のコントラストが、落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

ギャラリー1

L字型をした玄関の一方のスペースには、シューズクロークを設けました。

棚板同士の間隔を広めに取り、大きめの靴でも余裕を持って仕舞えます。限られたスペースを活かすための工夫です。

ギャラリー2

段数を増やし、落差を緩やかにした階段です。

緩やかな階段と手すりのおかげで、年齢を重ね足腰が弱ってきても、安心して上り下りできます。

部屋の冷暖房効果を高めるために、階段前には引き戸を備え付けました。

LDK

広い空間と、落ち着いた雰囲気づくりにこだわったLDK。

LDKには2階に続く階段が設けられていますが、階段前の引き戸のおかげで、冷暖房費も抑えられます。

ギャラリー4

棚や対面式のキッチンには、ほとんど仕切りを設けず、開放感のある空間を演出しました。

棚の使い方を工夫すれば、収納がそのままインテリアになります。

ギャラリー5

キッチン部分は収納多めに設計しました。

お洒落な食器や調味料は、壁際のオープン棚に。調理器具や洗剤のストックなどは、調理台下の収納部分に仕舞えば、使いやすさと見た目の美しさを両立できます。

ギャラリー6

家事動線を考え、キッチンには物干しスペースを併設しました。

料理や洗い物の合間に物干しをしたり、乾いた洗濯物を片付けたりと、家事を効率よくこなせます。

和室

ギャラリー7

将来のことを考え、1階にバリアフリーの和室を設けました。

階段も緩やかにつくってありますが、1階部分だけで生活できるようにとの配慮です。

和室の壁は淡いベージュにして、落ち着いた雰囲気を演出しました。

洋室

ギャラリー8

2階洋室は、白とブラウンの落ち着いた内装で、間取りもシンプルに設計。

個室としても、寝室としても、自由に使えます。

ファミリークローク

ギャラリー9

1つの部屋として独立したファミリークロークを設け、家族全員の衣類や持ち物を整理しやすくしました。

広く、シンプルな間取りなので、空間を自由に使えます。

乾いた洗濯物は、家族それぞれの部屋に行ったり来たりすることなく、ファミリークロークにまとめて仕舞えます。



ファミリークロークだけでなく、玄関やキッチンなど、さまざまな場所に収納スペースを設けた「柿渋色の家」。
空間を有効活用した、便利な収納スペースを家づくりに取り入れたい方は、下記の記事もお読みください!

デッドスペースを有効活用し、家族に合った収納スペースをつくる

浴室

ギャラリー10

浴室と洗面室は、白を多めに使い、明るく清潔感ある空間に仕上げました。

ギャラリー11

浴室は広めに空間を取りました。

足を伸ばしてゆっくりとお風呂に浸かったり、伸び伸びと身体を洗ったり、一日の疲れを洗い流せます。

CONTACT

資料請求・見学予約受付中

  • @LINE
  • 社長BLOG
  • Face Book